成形トラブル

成形不良‐フローマーク(湯ジワ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フローマーク(通称:湯ジワ)

こんにちは、今回はポリカーボネートの成形時に発生するフローマークをどのように消すか? という課題

特に製品表面にフローマークがモヤモヤと出ると製品の質感が
上がらないという状況でした。

今回は上記図のようにフローマークが発生していましたので、ゲートからの樹脂の流れが主な原因と特定しました。

 そこで、ゲート寸法を変更 

改良前 1.9*1.35=2.5平方ミリ

改良後 2.5*2=5平方ミリ  

というように約倍にゲート口を大きくしました

尚且つゲートを製品の表面側に持ってくることにより 

熱い樹脂が表面側に流れるように細工する

これによりきれいにポリカーボネートのフローマークが

解消できた事例です

※左が解決したサンプル 右が課題のサンプル

見ていただくとわかるとおもいます。

フローマークは光の加減でわかりにくいですが

 (右がトライ1 左がゲート改良トライ2品)

ゲートがかなり大きくなっております。

コメントを残す

*