問題解決ブログ

ここでは過去に相談頂いたプラスチック加工の相談事例・ケーススタディを元に、私たちがどのように解決していったのかの事例をご紹介します。

プラスチック成形の設備

粉砕機

旭電機化成(株)青山工場にある粉砕機は、 2段で構成されています。 上段が粗砕の工程:製品やランナーを荒く粉砕します。  下段は細粉砕の工程:成形で使える様に細かく粉砕します。 環境負荷軽減の取り組みでも、プラスチック射 […]

成形トラブル

「ガス焼け」不良とは?

ガス焼け不良

ガス焼け発生のメカニズム 射出成形において製品が出来る前と後では、もともと金型内部に入っている空気(+材料から発生したガス)が樹脂に置き換わる必要があります。勿論、材料を充填していく過程で空気が金型の隙間から押し出されて […]

成形方法のご紹介

ウエルドレス成形の強い味方「リック(WRIC)金型」

ウエルドレス金型

ウエルドライン(溶接線)にお困りの皆さま必見! コスト・品質に優れたウエルドレス成形の強い味方 「リック(WRIC)金型」のご紹介です。 <そもそも「ウエルド」とは?> 樹脂が金型内で合流する時にできる線(溶接線)の事で […]

成形方法のご紹介

インモールド成形

インモールド成形

今日はインモールド成形のご紹介です。 インモールド成型とは、あらかじめデザインが印刷されたPET原反を 射出成形機の金型内に挟み込み、射出することにより、 樹脂の熱等で印刷されたデザインが樹脂に転移する成形方法です。 こ […]

設計のポイント

「キャビとられ」しにくい樹脂設計の3つのポイント

ここでは「キャビとられ」しやすい形状の樹脂製品を例に、設計段階でどうやって防いでいくかをご紹介していきます。 事例1:取手(左右対称のパターン) これはホームセンターで買ってきたとあるバケツの取手です。 ぱっと見ると左右 […]

成形トラブル

「キャビとられ」とは?

大型成形品 金型

射出成形で起きる基本的なトラブルの1つ「キャビとられ」 そもそもキャビとは? について説明をしますと、金型には「キャビ」と「コア」2つの方向性があります。 向かって右側の成形機のシリンダーから射出されてくる側を通称:キャ […]

設計のポイント

材料選定 エラストマー

エラストマーの課題

エラストマーの概要 エラストマー樹脂はゴムのような弾性をもった柔らかい樹脂です。ゴムと違う点としては、ゴムは架橋(硫黄等を加えることで弾性、強度を上げること)を行うことで、高温条件で加圧されても熱変形しにくい特性を持って […]

設計のポイント

反りやすい樹脂製品の設計

長物成形品 設計のポイント

反りとは、樹脂成形品を金型から取り出した後、製品が冷えていく際に収縮により曲がったり、ねじれたりする不良のひとつです。 今日の成型品は、長さ約50センチの成形品です。材質はABSです。  細長い製品の反りに関しては、片側 […]

成形トラブル

成形不良‐フローマーク(湯ジワ)

フローマーク(通称:湯ジワ)

こんにちは、今回はポリカーボネートの成形時に発生するフローマークをどのように消すか? という課題 特に製品表面にフローマークがモヤモヤと出ると製品の質感が 上がらないという状況でした。 今回は上記図のようにフローマークが […]